がじゅとマルが、いのちのことば社の蔵出し本を 言いたい放題ご紹介。
<< 愛することを教えてください | main | お金ではなくいのちです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
藤本満氏★インタビュー 
<span style=

ある昼下がり、がじゅマルがひそかに「インマヌエルの貴公子」と呼んでいる藤本満氏(高津キリスト教会牧師)を訪問しました。



藤本 今日はようこそ。コーヒーをどうぞ。キリマンね。僕にはこだわりがあって、砂糖もミルクも用意していないけど。コーヒーは1日、十杯は飲むよ。喫茶店のマスターならやれるね。

  ポットを二つ持参して、そこからマグカップに注いでくれる

マルいそうですよね。先生みたいなマスター。女性客がつきそう。
がじゅ先生、もしかしてカフェイン中毒ですか。

藤本 カフェイン中毒ではないよ。コーラは飲みたくないから。コーヒー、それも限られたものだけが好きなの。この間も、横浜でたまたまコーヒー問屋をみつけてさ、そこ、すごいの、秒単位で焙煎してくれるんだよ、うんぬんかんぬん……。

がじゅはあ。
マルすごーい。マニアック〜。

藤本 ところで、最近どう? 人生楽しい?

がじゅはい。生きるのがめんどくさいです。
マルおいおい……。

藤本 ははは。そうなんだ。僕はね、最近、悩むようになってきた。牧会20年目の壁にぶつかっている。

マルもう20年なんですか。

藤本 うん。最近、信仰ですべてを割り切れない自分を発見してね。信徒に教育的アプローチができないんだよね。はっきり「こうだ」と言い切れる強さがない。牧師にむいてないんじゃないかって思い始めた。

がじゅええ〜! 藤本先生が牧師にむいてない? じゃあ、やっぱりマスター?

藤本 牧師を20年もやってるとね、「それくらいできなくてどうするの?」っていう思いがでてくる。「人にはできないことが、神にはできるのです」と初めの謙虚さに戻らないといけない、と思っている。

マルずばりルカ18章27節ですね!(ふっふ〜ん)

藤本 自分自身の牧会的度量の狭さに落ち込んでるんだよ。まあ、ようやく牧師職の複雑さがわかってきたというところかな。

がじゅ先生は、牧師やってて楽しいですか。

藤本 まあ、最高の喜びと究極的な苦しみがあるよね。人がイエスを知ってくれる喜びと、信徒がイエスから離れるとか、イエスが非難されることの苦しみがある。

マル喜びと苦しみ……ナルホドねえ。

藤本 イエス様の心の痛みを共有し始めているとも言えるかもしれないけど……。うん、牧師職の悲哀を感じているね。自分の信仰のためにも視野の転換が必要だと思うんだよね。
 あ、そうだ! ちょっとこっち来てよ。見てもらいたいものがあるんだよ。

  がじゅマル、会堂へ連れていかれる

藤本 これこれ、プルピットスカーフって知ってる?

がじゅプルピット……、なんですかそれは?

藤本 こうやって講壇にかける布だよ。

がじゅへえ。これが何か?

藤本 すごいいいでしょう? いや、これさ、すごい手間暇かけたんだよ。でもいい刺繍屋を見つけてさ、この四種類の布なんて、わざわざ日暮里まで買いに行ったんだから。これ4色セットで5万8000円(税抜)。安いでしょ? もうけはなし。

マルやっす〜い。って、え……? 先生が売っているんですか?

藤本 そうだよ。いまでは、20教会以上使ってくれてる。

がじゅえ? 先生が作っているんですか? ぼ、牧師ですよね…。

藤本 まあ、布を切って、刺繍屋に出して、それから縫製屋に出して……さ。布を切るのもけっこう大変なんだよ、2時間はかかる、うんぬんかんぬん……。

マルこ、こってますね。
がじゅい、いそがしそうですね。

藤本 でも全然、注文がこないんだよね。ホームページも作ったのに。

がじゅマル ……。

  がじゅマル、なにげなくインタビューをしていた部屋にもどる

がじゅあ、先生の説教集『祈る人びと』読みました。とってもいい本ですね。
マル例話の使い方がとっても上手だなあと思っていました。
がじゅなんで、良い説教と悪い説教があるんでしょうね。

藤本 う〜ん。聖書の釈義から何を感じるかが大切だと思うんだよね。説教に対していろいろな考え方があると思うけど、釈義をそのまま伝えるだけなのはBランクの説教なんだと思う。

がじゅBランク。

藤本 そう、べたなBランクの説教では、生きる力にならない。説教者が自分の説教に満足してしまうのは不遜だと思うよ。注解書だけじゃなくて、いろんな本を読んだり、日記を書いたりと努力が必要だと思うよ。

マル先生は、どうやって例話を捜しているのですか?

藤本 それが、毎週土曜の夜十時から苦悩が始まるんだよね。

マル苦悩?

藤本 そう。例話を捜す苦悩。

がじゅ頭の中から捜すのですか?

藤本 まさか。最近は、インターネットができるから本当に便利になったよね。例話を捜すためにGoogleにそのメッセージのキーワードをいれて検索をかけたりしてる。

マルえええ? ものすごい数がでてくるじゃないですか。

藤本 まあね。そこから捜すんだよ。でも、まあ十のメッセージのうち二つでもいい例話があればいいほうだね。そこまで時間をかけて祈る時間がなくなってもね……。

がじゅへえ、そうやって例話を捜しているんですね。説教作りって大変! これからまじめに聞こっと。

マルおい、いままでまじめに聞いてなかったの?

がじゅ…………。あ! 一時間の約束があっという間に三時間もたってしまった。先生、ごめんなさい。

  そそくさと立ち上がる、がじゅマル

藤本 いや、僕も楽しかった。

がじゅマル すごい楽しかったです。これからもどうぞよろしくお願いします。


藤本満氏 1957年生まれ。1986年ドリュー大学(ph.D/歴史神学専攻)卒業。牧会のかたわらインマヌエル聖宣神学院、青山学院大学、東京基督教大学などで教鞭をとる。近訳に『キリスト者の完全』(インマヌエル綜合伝道団出版局)がある。
| インタビュー | 09:00 | comments(5) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - |
はぁーあ!インタビュー堪能させて頂きましたぁ!
実は、わ・わたし、満先生の密かなファンでして・・。
年会のお昼時間などでお隣をうろちょろしてしまったこともあります(どはははは・・、でも先生は美しい奥様とお子様方といらっしゃるんですが)。
ナウエンなども、確か満先生が教団の小冊子に紹介していたのを見て
読み出した記憶があります。
それと、チェーン式聖書も満先生のおすすめ記事(ことば社サイトの)
を見て、自分も持っていたので妙に嬉しくなり人に勧めたりしました。

そっかー、プルピットスカーフ・・、うちの教会のはどうなんだろう?
るんるん♪わたしもコーヒー好きなんだぁ(^ー^)b
・・はっ、でも貧血気味だからあまり飲まないようにしないといけない
んだったわ・・シュン(+。+)
| 鹿子 | 2006/09/15 3:31 PM |

藤本満先生は親友です。
しばらくお互いに会っていなかったけど、こんなところでこんなかたちで会えるなんて。
若い人たちとこんなに自由に話せるなんて、やはり満先生はスゴイ。
| フジサン | 2006/09/15 7:25 PM |

そうそう、藤本先生のファンは密かに多いんですよ。
鹿子さんの、お気持ち、わかります〜。
がじゅも、先生にお会いした後、
コーヒー屋で、「キリマンジャロ」って思わず注文してましたもん。

フジサンは、藤本先生のご親友ですか。
藤本先生は、小生意気ながじゅマルを快く受け入れて下さって、
ほんと〜に懐の深い先生でした。
藤本センセ~、ありがと〜。(ございますっ。)


| がじゅ | 2006/09/16 8:07 AM |

コメントではなくお願いですが、・・・。
私どもの教団では、2008年新年聖会に講師として藤本満師をお迎えいたします。今回インタビューの内容も魅力的ですが、添付写真がとても素敵に写っています。つきましては、藤本師の写真を講師の紹介にコピーして使用してもよいでしょうか。
御了承いただければ幸いです。
主にありて 新澤昭彦
| 新澤昭彦 | 2007/10/02 1:25 PM |

面白可笑しく読みました。話はガラッと変わりますが、10月21日(土曜日)午後一回&22日(日曜日)午前・午後二回、計三回のメッセージのテーマ、聖書テキスト、そして宜しければ特別伝道集会全体の大きなテーマなどもお送り下されば幸いです。
チラシ&ポスター&祈祷表などを作成したいと思いますので、恐縮ですが8月末までにお送りください。お待ちしています。
西宮聖愛教会:福本行宏
| 福本行宏 | 2017/08/11 9:18 AM |










S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ おねがい
本の感想やひとりごとなど、どんどんコメント書いてね!
だけど、誹謗・中傷などのコメントは削除しちゃいます。
リンクもぜひぜひ* バナーどうぞ。↓
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 一押しの本
 聖書ものがたり絵本 第1巻
聖書ものがたり絵本 第1巻
絵:小林 豊(日本画家)
書籍 225×240mm / 56頁 1680円(税込)
発行:フォレストブックス
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
このページの先頭へ