がじゅとマルが、いのちのことば社の蔵出し本を 言いたい放題ご紹介。
<< 静かな風 −生活の中で主を発見する | main | 戦場のアリア >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
信仰の友からの手紙
『信仰の友への手紙』


パンパカパ〜ン! がじゅマル読み! 
月刊「いのちのことば」での連載が5月号から始まりました!



第一回目は『信仰の友からの手紙』だよ。

この本は、著者のユージン・ピーターソンが、
今まで多くの人へ書いてきた手紙を一冊にまとめたもの。

よくさ、キャンプとかに行くと、
霊的に恵まれた〜とか、口にしません?
いったい、「霊的」ってどういう意味なのですか?
この本は、その「霊的」ってことに着目しながら、
具体的な教会生活の過ごし方を語っています。

おもしろいのはさ、ユージンさんさ、霊的に励ましが必要なら
ハワイのビーチで寝そべるのも、効果的って言ってくれるところ。

いやっほ〜。GWはハワイかな〜。むふ。
あ、ビキニ、買わなくっちゃ。


「いのちのことば」も読んでね。



『信仰の友への手紙』
ユージン・ピーターソン著 内山 薫訳 B6判 1365 円
| 信仰生活 | 16:48 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:48 | - | - |
お久しぶりです。お元気?またお茶にでもお寄り下さい。

霊的であることって、現実生活であることだと思うんだけど、どう?やたらとハイになって「いちゃっている」こととか、感情的に「盛り上がっている」ことが霊的だと勘違いしている人が多い気がします。
それって違うダロ!としばしば言いたくなる私・・・。

キャンプで恵まれたって当たり前っちゃ当たり前だと思う。
だって、そのようにプログラムしてるじゃない?
むしろ、その受けた恵みをいつもの生活にどう生かすか、普段の生活にも働いておられる主を見る目を養うことこそ大事だと思うんだけどなー。
| もっち | 2006/04/10 10:20 PM |

お! もっちの視点、さっすがー。

がじゅさま、ぜひビキニ姿見せてくれたまえ…。

見せられるもんならね…
| マル | 2006/04/11 5:41 AM |

>見せられるもんならね…


むかっ。みてろよマル。
| がじゅ | 2006/04/11 8:33 AM |

初めましてー!
いのちのことば社さまにはお世話になっております。

「信仰の友への手紙」、私も読みましたよ!
とてもいい本でした。


上でもっちさんが言ってらっしゃる、
>霊的であることって、現実生活であることだと思うんだけど、どう?やたらとハイになって「いちゃっている」こととか、感情的に「盛り上がっている」ことが霊的だと勘違いしている人が多い気がします。

まったく同感です。
ハンス・ビュルキ師(『主の弟子となるための交わり』)も、霊的な活動というのは日常生活のごく目立たない部分にこそある、というようなことをおっしゃっていましたよね。(ビュルキ師の本も、復刊されてものすごく嬉しい私です。以前から、出版部のT氏にお願いしていたんです…)

これからも、日本のクリスチャンの徳を高めるような良書を、ばんばん紹介していってください!
| はちこ | 2006/04/22 12:06 AM |

はちこさま

コメントありがとです。
はちこさんといえば、ヤベツの祈りの…!?
とすると、出版部のT氏とはマルの上司ですな。

ブログ拝見しましたよー。

| マル | 2006/04/22 10:18 PM |

はい、ヤベツシリーズでお世話になりました。

ブログにコメントありがとうございました。(^^)

ダ・ヴィンチコードの本も、ぜひこちらで取り上げてくださいね!
| はちこ | 2006/04/25 11:30 AM |










S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ おねがい
本の感想やひとりごとなど、どんどんコメント書いてね!
だけど、誹謗・中傷などのコメントは削除しちゃいます。
リンクもぜひぜひ* バナーどうぞ。↓
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 一押しの本
 聖書ものがたり絵本 第1巻
聖書ものがたり絵本 第1巻
絵:小林 豊(日本画家)
書籍 225×240mm / 56頁 1680円(税込)
発行:フォレストブックス
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
このページの先頭へ