がじゅとマルが、いのちのことば社の蔵出し本を 言いたい放題ご紹介。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
人生のかぎ 信仰生活の秘訣を見いだした人々
がじゅ

2007年限定復刊候補書籍
人生のかぎ

最後のあがきショックで、読み終えた本を紹介します。

この本は、牧師おすすめBEST1の
『人生の訓練』の兄弟本です。

ずばり、20人の信仰者の伝記鳥です。

まあ、伝記っていいましても、
バリバリぴかぴかのクリスチャンの伝記です。

と、がじゅが、申しますのも、
信仰を持つことに困難になった、低迷したクリスチャンたちが、
いかに、新たなパワーを得たのか、が書かれています。読書

キリスト教オタクだと自負していたがじゅでもね、
意外と知らない人がいました。
いやいや、奥が深いですね。
いや、というか、単純なのかも。

さて、目次です。

はじめに
1 取り替えられた生涯 ハドソン・テーラー
2 きよめられた生涯  サムエル・ブレングル
3 解放された生涯   ジョン・バンヤン
4 輝く生涯      エミー・カーマイケル
5 最高の生涯     オズワルド・チェーンバーズ
6 力強い生涯     チャールズ・G・フィニー
7 鍛えられた生涯   アドニラム・ゴードン
8 燃える生涯     リチャード・ハルバーソン
9 あふれ出る生涯   フランシス・ハヴァガル
10 卓越した生涯    ジョン・ハイド
11 動力の生涯     ドワイト・L・ムーディ
12 かおり高き生涯   ハンドレー・モール
13 つながっている生涯 アンドリュー・マーレー
14 満足できる生涯   ロバート・ニコラウス
15 救霊の生涯     ウィリアム・ニコルソン
16 浮力のある生涯   ユージニア・プライス
17 勝利の生涯     チャールズ・トランベル
18 ゆだねた生涯    ウォルター・ウィルソン
19 聖潔の生涯     ジョン・アラン・ウッド
20 冒険の生涯     W・イアン・トマス
おわりに 著者の体験

いろんな生涯がありますね〜。
がじゅの生涯はどんな生涯にしようかしら。

「笑いこけた生涯」がいいな〜おてんき

限定復刊のお申し込みはこちらから。
レイモンド・エドマン
予価:2,520円
| 限定復刊2007 | 17:25 | comments(0) | - |
聖霊の満たし
がじゅ

2007年度限定復刊候補書籍
聖霊の満たし

いや〜、なんだか、どたばたしてまして。
みなさま、お元気ですか?

そうそう、限定復刊の申込み期限が12日(月)になってます。
まだ、申込みされていない方は気をつけてくださいね。

でもさ、ごめんなさい。
結局、候補書籍を全部紹介することができなかった・・・、です。
まあ、最後のあがきとして、本日、がんばりますんで、
ご検討ください。

ということで、本日は、哲夫さんに登場していただきましょう。

     ★★★★★


聖霊に満たされたい!と誰もが願っています。
では、「日常生活の中で、聖霊に満たされていますか」と問われたら・・・?
その問いに見事に答えてくれるのが、本書です。

聖霊に満たされるための条件ですが、五つ挙げられています。
1)罪の告白 
2)その罪の放棄 
3)神に自分を明け渡す 
4)神に従う 
5)神を信ずる

特に罪を放棄することは、
どれだけ強く「聖霊に満たされたい」と願うかに掛かっている
と強調されています。

そして、「満たされる」ための最大の難関は、
罪を自分の生活から取り除くこと、放棄することだとあります。

なるほど、罪を悔い「改める」とは、罪を告白し「捨てる」こと。
そこが重要なポイントです。

また、聖霊に満たされている根拠についてが書かれていました。

聖霊に満たされた勝利の信仰生活について、
わかりやすく、具体的に、そして力強く書かれていることに、
心から感謝します。


     ★★★★★

みなさまは、「聖霊の満たされた」経験、ありますか?

さて、目次です。

あかし
1 聖霊に満たされた生活
2 聖霊の約束
3 聖霊の満たし
4 聖霊の油注ぎ
5 聖霊の導き
6 かぎの保管者
7 助け主
8 聖霊の7つの働き
9 モラヴィア教徒への聖霊の傾注
10 現代の最大の必要


限定復刊のお申し込みはこちらから。
オズワルド・J・スミス
予価:1,785円
| 限定復刊2007 | 09:36 | comments(4) | - |
仕える喜び−輝く秘訣10の秘訣
がじゅ

2007年限定復刊候補書籍
仕える喜び

ちっす。
本日は、初登場!
この4月にことば社歴30年を迎える純情マスターです!

いやいや、強いられた恵みとして、
本書を紹介してくれました!
どうも〜。

     ★★★★★

30年以上の信仰生活の中で仕えることの難しさを日々実感し
悔いるばかりの者が改めて開眼びっくりすることのできた書であった。

著者自身は、しもべのイメージをこのように持っていたそうです。
「生きる意志も目的もなく、ただ人の哀れみをさそう人の姿でした。
前かがみになって、心を押しつぶされ、自尊心のかけらもなく、
泥にまみれ、しわだらけで、疲れきった・・・唖然
そう、人生といううんざりするような道を、
ため息をつきながら、足を引きずり、とぼとぼ足と歩いていく・・・」
このように、想像すればだれもがしもべにはなりたいとは思わないでしょう。

!ほんとうのしもべの姿とはどういうもので、
!具体的にどうようにすればしもべになれるのか。

著者はまず、使徒パウロのしもべとしての姿を手本として語り、
2章以降では、しもべになるための具体的な示唆が書かれています。

1奉仕をよくする者
2献金を沢山する者
3祈りをよくする者など何か人に見せびらかす行いをする者
をしもべと勘違いしている信徒・教職者が多いのではないでしょうか。

しかし、しもべとは
1自我を捨てる者
2与える者
3ゆるす者
4忘れる者。

本書を読めば読むほど多くの読者がしもべの姿とは
程遠く自己嫌悪を感じざるを得ないでしょう。猫2

著者はヨハネの福音書から語ります。
イエスキリストは、弟子に「私の足を洗いなさい」ではなく、
「互いの足を洗いなさい」と命じました。
イエスキリストの足なら競って私たちは洗うと思います。
しかし、果たして隣人の足洗いたいと思うでしょうか。
しもべとしての不可欠な要素は、
この互の足を洗いなさいに尽きるかもしれません。温泉

この書は神のしもべになるための座右の書読書として、
ほんとうのしもべの姿に近づくために何度となく読まざるを得ないでしょう。

     ★★★★★

はい。ということで、
みなさん、読みたくなくても、読んだ方がいいと思います。

さて、目次を紹介しましょう。

はじめに
第1章 私がしもべだって?
第2章 しもべ−自我を捨てる者
第3章 しもべ−与える者
第4章 しもべ−ゆるす者
第5章 しもべ−忘れる者
第6章 しもべの考え方
第7章 しもべの肖像
第8章 しもべの従順
第9章 奉仕の結果−苦しみ
第10章 奉仕の報酬
最後に


限定復刊のお申し込みはこちらから

チャールズ・スウィンドル  予価:1,890円



| 限定復刊2007 | 09:04 | comments(1) | - |
聖霊に導かれて進もう−キリスト者の「肉」の問題
がじゅ

2007年限定復刊候補書籍
聖霊に導かれて進もう

じみへん課長男はさ、けっこう真面目なのよ。
自由気ままノーテンキながじゅの上司としては、
最高ですよ。ちゃんとヒモを握っていてくれますからね。

さてさて、じみへん課長の再登場です!


     ★★★★★

この本では、「肉」がテーマになっています。
「肉」といっても
がじゅが好きな「肉豚」まんや、焼「肉豚」じゃありません。
できれば蓋をしておきたい
キリスト者の内に存在する罪の性質、
「肉」「自我」の問題について扱っています工具

そう、これはかなり心に刺さる“痛い”本なのです冷や汗ショック

しかし、私たちの内に潜む本質をえぐり出す“痛い”本は、
同時にとても“痛”快な本です。
まあ、自虐的な自分にはピッタリなのですが……パクッ

  
井戸垣先生は、この「肉」の問題を
「キリスト者の諸問題の中心」と冒頭で位置付け、
切り込んでいきます。

さて、イエス様を信じて、クリスチャンになったら、
「肉」の問題は生じなくなるのか……?

確かにクリスチャンは「肉」の力から解放され、
聖霊の支配におかれている、はず。
しかし、この「肉」は日々闘いどんっを挑んでくるんですよ!
いかにして、 私たちは「肉」を退け、
聖霊に導かれた歩みをしていくことができるのか!!!

この痛い本を読みやすくしているのは、
井戸垣先生が、ただ真理を厳しく突きつけるのではなく、
自身の苦悩の足跡や、失敗を正直に告白しながら、
丁寧かつ簡潔に説き明かしてくれているから。ニコニコ

昨今、こういった自分の内面の罪にしっかりと向き合わせ、
悔い改めや聖霊の内住を語る本が、少なくなりました。
自分を含め、日本のキリスト者すべてが
真に聖霊によって歩むなら、教会家は変わり、
日本日の出は変わるはずだと思います。

     ★★★★★


限定復刊のお申し込みはこちらから
井戸垣 彰  予価:1,260円
| 限定復刊2007 | 17:25 | comments(8) | - |
ジョージ・ミュラー祈りの秘訣
がじゅ

2007年限定復刊候補書籍
ジョージ・ミュラー 祈りの秘訣

え〜、皆々様。
本日の紹介はえらい長いので覚悟してくださいませ。
gospelshopさんの紹介です。

この本は、たぶん一番人気おにぎりの本ですね。

  ★★★★★★


うーん。なんて書けばいいんだろう?

ジョージ・ミューラーのことは小学生の頃から知っていました。
日曜学校の先生から教えてもらったんですよね。
だいたいの内容はわかっていたので、実は読んでませんでした。

管理人の『がじゅ』さんから、原稿を依頼されて、本を選び始めました。
ところが自分が書きたかった本は他の人にとられており、
困り果てていたところ、残っていたのがこれでした。

読む前から覚悟はしてたんですけど、うーん、自分に適用するのが難しいです。

簡単に紹介すると

この本は神さま以外は頼らない。
困ったことが起きても決して人には頼らない。
一切の妥協なく『ただひたすら祈る』


ってことを実践した人の生涯を紹介した本です。
実は結構あらさがしをしながら読んでました。
「そうは言っても人を頼ってませんか?ほんとに?」って。
でも、あらを探したくても、できなかったんですよね。
困ってしまいました。
なぜ人を頼らず、ただひたすら祈り、神を信頼しようとしたのか。
その訳を説明するために、もう少し、ストーリーを紹介したいと思います。

ミューラーは、孤児院を開設することを志します。
それは、孤児を助けるためであることは、もちろんなのですが、第一の理由であり目的は

『神が今もなお忠実であられ、
 今もなお祈りを聞いて下さる方であることを悟って、
 神があがめられること』


なんだそうです。

「なんじゃそりゃ〜!」

と言いたいところです。そんなことのために人生ってささげられるんだって、ちょっとびっくりしました。まあ、献身ってそういうことなのかもしれませんが。

私たちが『神のリアリティ』を感じることができていないこと。
そのことにミューラーは深い悲しみを覚えたのだそうです。

この世と歩調をあわせて働くことに苦しみを覚え、良心に責めを覚える人たち。
良心の呵責を覚えるような仕事に就いていて、その職業を捨てたり自分の立場を変えるなら、仕事ができなくなる。なくなっちゃうんじゃないかと恐れている人たち。

に対して、神さまがいるってことを証明したいと思ったのだそうです。
そんな理由で彼は全くのゼロから孤児院を開設しようと思うわけです(先駆者がいたようですが)。

お人好しにもほどがあるってもんです!

だって『神さまっているよ!』って証明するために、普通の人間なら一生に一度か二度ぐらいしか経験しない危機を、ほとんど毎日のように味わっているのですから。
明日は資金が底をつくかもしれないという日が、この本の中で何日紹介されていることでしょうか。数えるのが面倒くさいほどでてくるので、数えません。
(そのくだりはちょっと読み飛ばしたくなるほどでてくるのですが、素敵なエピソードが隠れているので読み飛ばさないで下さい)

具体的に考えてみたいと思います。
あなたがビジネスをされておられる方とします。
そして、明日支払わなければならないお金が100万円あるとしましょう。
そして、恐ろしいことですが、まったく支払えるあてがないんです!

あなただったら

『ただ祈る』

だけで明日を迎えることができるでしょうか?

私にはできません (^^
それを実践したわけです。ジョージ・ミューラーは。

ええ、真似できませんとも (^^

ただ、ただですね。

『からし種一粒ほどの信仰を持ち合わせていれば、こんな壮大なことが実現できるんだ。
 まったくの無一文からでも』


と理解できました。感謝なことです。

私には仕事があって、家族があります。住宅ローンもね。
だから、今から試せって言われても困っちゃうのですが、それでも、何か困ったことがあれば、

『ことごとに主に祈りをささげる』

そうしてみようと思いました。
そんなこと、子どもの頃から何度も聞かされてきたことなんですけどね。

一日中神さまと反対方向を向いて生き、一日の最後でごめんなさいとお詫びして、
何も変わらない、変えられない生活を『変えたい』と心から思いました。

そう思わせてくれる本です。


追伸 

そうそう、おすすめを忘れていました。 
この本の通りに人生を歩むことができた人がいたら知らせてください。
”私も行って拝むから”

ただ、あなたの人生を変えることができるぐらいのインパクトはあると思います。
『変えたい』自分がいて『変われない』ことが嫌で嫌でしょうがないけど、生きてます。
って人におすすめです。
そうじゃない人はですね。読まない方がいいです。
きっと私のように、適切な時期にこの本に導かれると思います。

あっ!でも、この本よく在庫がなくなるんですよねぇ (^^
だから、限定復刊企画に採用されているんです。
だ、だから、だからですね。
買っといて積読(つんどく)するのもおすすめです。

最後に商売人根性が出てしまいました。
それじゃ!
  ★★★★★★


はい。
どうも拍手

みなさま、ここまでどうもありがとっ。
これで、もう内容わかったから、よまなくてもいいと思った方にひとこと。

よまなきゃ、わかんない世界もありますよ。

限定復刊の申し込みはこちらから
ジョージ・ミュラー
予価:1,260円
| 限定復刊2007 | 22:54 | comments(5) | - |
キリストのように
がじゅ

2007年 限定復刊候補書籍
キリストのように

さてさてさて〜、でたでたでた〜、
アンドリュー・マーレー先生の登場でございますよっ。

マーレー先生の著作はとにかく霊的で霊的で・・・。
だからといって、イマドキのスピリチュアルな本でもなく・・・。

本日、がじゅマル読み!初登場のヤマネズミによれば、
「僕にはわからない境地の事柄を言葉にしているから、むずかしい本」とのこと。
さて、あなたはどれくらいわかりますか?

     ☆☆☆☆☆☆

クリスチャンはキリストのようになるべきである。びっくり
本書の内容を一言で言えば、そういうことになります。
キリストのようになるべき性質とは、
「給仕のように仕える」
「自分を犠牲にする」
「不当な苦しみを耐え忍ぶ」
「地上のものに捕らわれない」
「神の栄光を表す」
など全部で31項目。
各項目に一章ずつ割かれています。

どの性質も人間の力で手に入れることはできません。NO!
神さまにすべてを明け渡すことと、何よりも聖霊の働き強風が必要です。
マーレー先生は聖霊の助けと導きが必要であると、
ほとんどすべての章で熱く語っています。
そして、このような性質を身につけたクリスチャンは
本当に神さまの栄光を表し、また格別な祝福にあずかるとのことです。

評者嬉しいとしましては、
各章の冒頭に掲げられている聖句が最も印象的でした。
キリストのようになるべきである。
それはマーレー先生が言っていることではなく、
聖書そのものが言っていることだからです。
自分の内側を深く見つめて、信仰を考えたい、
霊的に成長したいと思う方にお薦めです。グッド

     ☆☆☆☆☆☆

ヤマネズミは、と〜っても、まじめに紹介してくださいました。
みなさま、
ますます「キリストのように」なってくださいね〜。

限定復刊のお申し込みはこちらから
アンドリュー・マーレー
予価:2,310円
| 限定復刊2007 | 14:04 | comments(4) | - |
リバイバルの条件
がじゅ

2007年 限定復刊候補書籍
リバイバルの条件

どうも〜。
みなさん、お元気ですか〜。

本日は、ひさびさ、てん女の登場です!食事

さて。その前に、予習をしておきましょう。

鉛筆2“リバイバル(Revival)”とは・・・?
「キリスト教用語としては〈宗教復興〉、〈信仰復興〉の意。
神のめぐみと力とが特に著しくあらわれ、
信徒を鼓舞激励し、不信仰な人々が、信仰に導き入れられ、
回心の経験を与えられ、また信仰から離れていた者も、
再び信仰に立ち帰らされるような状態に対して用いられる。
それは聖霊の働きによるものとされている。」
(『キリスト教大事典』教文館)
ということです。・・・なぜ、教文館?

   ☆☆☆☆☆☆

この本、「条件ひらめき」とうたっているので、
てっきり「リバイバルを早めるためにはこれをしよう!」
というハウツー本かと思っていました……

が、違いました。
ひとことでいえば、
「あがなわれたクリスチャンの生活とは」
について書かれている本です。見る
トウザーさんのことばを借りれば、
「自分の十字架を負い」「自己放棄」の生活とはなんぞや?
ということについてです。

トウザーさん、こんなふうに現代、そして教会を憂いておられます。ムニョムニョ

 今では、宗教は、この世において、
 結構楽しいものとなってしまっている。
 それなら、あわてて天国に行く必要があるだろうか。



たとえば、「行ないを伴わないことば」にはこんなことが。汗

 行ないには高価な犠牲を払うことを要するので、
 私たちは宗教的なことばで満足してしまう。
 十字架を取り、それを負っていくよりも
 「主よ、私が日ごとに十字架を背負うのをお助けください」
 と祈るほうが、はるかに容易である。


どうですか? ちょっとどきっニョロとしてしまったのは、
私だけではないはず……?!

でも、さすがトウザーさん。「だから、あなたは黙っていなさい」
とは言わず、こういうアドバイスでしめくくります。

 まず思ってもみないことは何も口にしないようにしよう。
 月なみな宗教的雑談の習慣を破れ。
 自分のことばに対して責任がとれるときにのみ口をきけ。
 神の御約束を信じ、神のおきてに従え。
 真理を行なえ、そうすれば私たちは、適切に真理を語ることができる。
 行ないは、ことばに実質を与える。
 私たちが力あるわざをするとき、私たちのことばは権威を帯び、
 新しい意味での現実感が私たちの心を満たすのである。


シンプルですが、心にぐっときませんか。

厳しい冬から開放的な春桜になる今の季節に読んでおきたい、
トウザー牧師の愛にあふれたガチンコ系パンチの一冊です。

では、目次です♪

 序
1 リバイバルは真夜中すぎに
2 失われている内なるあかし
3 信仰は旅路であり終着点ではない
4 人生のかぎは聖書に
5 私たちに注がれる神の力
6 私たちは緊急事態のうちに生きている
7 行ないw伴わないことば−信仰生活の欠陥−
8 好色な人 対 霊的な人
9 悪魔との対決
10 正しくあるためには、ただしく考えよ
11 真に偉大な者となる道
12 歌によってのみ知られる存在
13 信仰あ失敗をも辞さない
14 光は視力を要する
15 万物をあるがままに受け入れる態度
16 平凡な時代をきよめる道
17 大きさではなく質が問題
18 正統的信仰と謙虚さ
19 罪の洗練か除去か
20 神への感嘆のことばの喪失
21 真に重要なものは少ない
22 聖別された思考の価値
23 防御の姿勢を捨てよう
24 空しい宗教活動の悲劇
25 富の変容
26 クリスチャンは自分がおもっているより賢明である
27 兄弟姉妹の交わり
28 すべてのものは一つ
29 近いとは似ていることである
30 行いと礼拝
31 私たちを形づくる力
32 なぜ私たちは主の再臨に不熱心なのか
33 未来の喜びへの希望
34 喜びは時宜にかなって訪れる

   ☆☆☆☆☆☆

今回の本はすごいね〜。
目次をみると、なんかどれでも一冊の本のテーマになりそう。
コピーもすごいのよ。
「雄弁だが行いが伴わない今日の信仰者に対し、
喜んでみこころに従う秘訣を語る」だもん。イヒヒ

どきどき。
心当たりのある方、購入をご検討くださいませ。
がじゅも、そろそろ、自分の信仰生活みなおさなきゃな〜。ピピピ


限定復刊のお申し込みはこちらから
A・W・トウザー 184頁 予価1,470円
| 限定復刊2007 | 09:00 | comments(2) | - |
救いは今です<キリスト教案内>
がじゅ

2007年限定復刊 候補書籍
救いは今です

今日は、先日、ヨセフさんが紹介してくれた
『聖書人物伝』と同じ著者、沢村五郎先生の書籍を紹介しますよ。
『聖書人物伝』は、たくさんの方からご注文いただきました。
再版されるといいですね。この本も合わせてよろしくです〜。

さてさて、今日の紹介者はといいますと、
とうとう登場! がじゅ上司! じみへん課長です。
いっつも、がじゅをかわいがってくださり、
イヒヒ[:ふぅ〜ん:]わーいちっぶーてれちゃうニコニコ猫2
ありがとうございます〜。

    ☆☆☆☆☆☆

この本は、日本キリスト教文書史に輝くぴかぴか
まさに宝石指輪のような伝道説教本です。

1930年に『キリスト教案内』と題して出版されて以来、
なんと 通算70刷以上ね、
1975年に現題で新装されてからも8刷を重ねた名著ですYES!

表紙は日本を代表する洋画家アートの小磯良平氏!
題材はソドムとゴモラから逃げるロトの家族。
これだけでも価値あり!

キリスト教の教理、神・罪・救いについて、
豊富な例話を用いながら、生き生きと語り、
「結び」では、招きを通して読者をキリストへ直接導きます右斜め上

人の心の機微を知り尽くした名説教者による、
懇切丁寧な伝道メッセージはじわりじわりと読者の内面に迫ります。

まったく古さを感じさせないのが不思議です。
不変の真理を力強く語るメッセージは
時代を超え、輝きを失うことがないのだなと、実感ニコニコ

クリスチャンの方々もあらためて恵まれてください。
読後にクリスチャンでない方に
プレゼントしたら、一石二鳥グッド

「あとがき」にこんなエピソードがありましたので、
最後に紹介して終わりたいと思います青りんご

「戦後、凶悪な殺人犯として、死刑確定囚となっていた久米武夫兄が、
獄中でこの本を読んで、全く新しく生まれ変わりました。
そして熱心に同囚の人たちを信仰に導きました。
やがて死刑執行の直前に、それまで手紙によって信仰を指導していた沢村先生が、
知らせを受けて面会に行くと、にこにこと笑顔で近より、
「先生ひと足お先にイエスさまのところに帰ります」
と言って抱きついてきました。
死刑も迫る最後の二時間、彼は一生懸命になって、
救われてからの信仰の恵みの数々を書き残し、
沢村先生に託して、絞首台に登って行ったということです。………


    ☆☆☆☆☆☆

福音には人を変える力がありますよね。
この本は、どれだけの人を変革させてきたのでしょうね。
さて、目次です。

1 人間と宗教心
2 宗教の選び方
3 真の神
4 天の父なる神
5 世界に義人なし
6 罪は災いのもと
7 未来の審判
8 救いの道
9 生ける神の子キリスト
10 十字架上のキリスト
11 悔い改めと信仰
12 赦罪の恩寵
13 新生
14 復活の希望
15 結び
 あとがき

じみへん課長は、これからも登場予定なので、
お楽しみに!さくらんぼ


限定復刊のお申し込みはこちらから
沢村五郎
124頁 予価:945円
| 限定復刊2007 | 09:18 | comments(4) | - |
天国
がじゅ

2007年限定復刊候補書籍
天国

ちーっす。がじゅです。
マル〜、元気か〜、夢のなかで見てくれてるか〜?
相変わらずマル冬眠中眠たい、あしからず4649。

ということで、新たなる助っ人の登場だ!
今日は、食いしん坊女史による紹介ですよん。

   ☆☆☆☆☆☆

今回、限定復刊候補の本を読もうという話になり
果たして信仰の巨匠の『天国』ってどうなんだろうなー
なんて思いながら通勤電車電車に揺られながら
E・M・バウンズの『天国』に挑戦パンチ

で、「天国」とは何ぞや?

「天国」はホーム、一つの都、パラダイス、
あるいは「混じりけのないガラスに似た純金」でできた城壁に
囲まれた王国(ううむ、想像できず…)
天国ってなんか、浮世離れしたイメージバッド!?

バウンズが言っているのは
「天国」は漠然としたものではなくて
実際に存在するところ! ということなんです。
実在するからこそ追い求めるべきだし、
希望をもっていいんだ、 と理由付けられています!!

もう一方、この本では「天国」を熱心に求め、目指そう!
と呼びかけてもいます。
ちょっとそこのアナタ、実は信仰は見せかけだけで
希望も愛情も冷え冷えなんじゃないの?と。

この世の中にいるうちは人間は寄留者で
風が吹けば飛んでゆくような存在強風だけど
やがて何にも変えられない安定温泉が与えられる、
その市民権を与えられている。
「天国」での喜びは素晴らしすぎて
言い表せないんですって!
まさに使徒パウロの境地てれちゃう!!

バウンズは、きくところによると
たとえ修養会などの場で他の人と一緒に宿泊していたとしても
ヒトサマの睡眠妨害をする迷惑をもかえりみず
朝4時から7時までいつもと同じく祈っていたそうです。
そのくらいの人だからこそ、
(ある意味人間的にはデコボコしていたのかもしれないけれどたらーっ
これほど天にあるものを追い求められたんだろうな、と思いました。

とにかく今の状態が良かろうが悪かろうがそれは
一時的なものだから、大きな目線で捉えてゆこう、
と励まされました。

この本、「天国」について多面的に教えてくれているし
学びのテキストとしても使えそうですよ♪
ヨワヨワになりがちな祈り系、霊的筋力を
きっと鍛えてくれる一冊ですチューリップ

   ☆☆☆☆☆☆

「天国」かあ。
がじゅは、この世の「天国」ばかり追い求めてるな……。

さて、目次です。

 序
1 天国−一つの所
2 天国−一つの都
3 天国−王国、王冠、相続権
4 パラダイスと永遠のいのち
5 天国と永遠のいのち
6 天国と聖霊
7 天国−一つの状態
8 天国に住む人の資質
9 イエスへの愛と天国
10 天国をめざして
11 天国への渇仰
12 天国についての信仰
13 天国の市民権
14 天国はわれわれのホーム
15 患難と天国
16 天国への望み
17 天国へ再開する時
 あとがき

限定復刊のもうしこみはこちらから
E・M・バウンズ
184頁 予価1,575円
| 限定復刊2007 | 10:09 | comments(4) | - |
悪習慣を断ち切る法
がじゅ

限定復刊2007 候補書籍
悪習慣を断ち切る法

いやっほ〜!
なんか、がじゅ、今日はハイテンションです!
こんなときがあってもいいっすよね。金曜日だからか!?

さてさてさて、本日は、
置き去りにされたKGBスパイと噂されているびっくり
ブコビッチ編集長、久々の登場です!
ナ限定復刊候補書籍の紹介ですよ。

   ☆☆☆☆☆

ハッピーかわいいになれます、成功お金できます、
という誘い文句にのって入信。
厳しい戒めは、神様の基準の高さを示すもので、
自分がいかに罪深いかを思い知るためにある。
実際にこのとおりできる人はいない。
だから最初からやりません、と開き直ってる。
非難されたら、あんたはパリサイ人だと逆ギレちっ
お気に入りの聖句は癒し系オンリー。

でも40過ぎまでダラダラと生きてきて、
そろそろ“終わり”が見えはじめてくるにつれ、
つくづく感じるようになりました。
結局は、叱責パンチや訓練水泳を素直に受け入れ、
多少はシンドイ思いをして、
御心にかなう道を選び取っていくことが、
本当に“ハッピー”祝な人生なんだろうなあ。

が、私のことはおいといて、特に若い諸氏は大変ですね。
厄介なことに、最近は“悪習慣”も、
簡単に罪悪感なく身につけられるようになりました。
酒場ビール熱燗は健全な雰囲気になってきてるし(注1)、
パチスロセブンはゴールデンで堂々とコマーシャルしてるし、
煙草はオシャレのアイテムになったし、
TVゲームゲームだって、親が率先してやっちゃう。
エッチ関係も数クリックPCでゲットできます(注2)。
(方法はお教えできません……つーか知りません!!)

こんな時代になっちゃったからには、
“闘い”の対象からはずれてしまった行為を
あえて俎上に載せ、検討する作業眼鏡も必要なのでは。

ということで、ああ、くどくどと長いお話でごめんなさい。植物
これ読んで実行してみてください。体験談もぜひ。(注3)


注1)手近な例として挙げました。
   飲酒が罪だと決めつけるつもりはありません。以下同様
注2)エッチ関係の悪習慣と闘う手引き、出版予定してます。
注3)以上の文章は全然内容の紹介になってません。
  「おまえ、ちゃんと読んだのか!」というツッコミが怖いです。


   ☆☆☆☆☆


また〜、ブコビッチ編集長、自分のことは棚にあげて〜。
いつもがじゅの魅惑から、一生懸命逃れてるくせしてラブもぅ。

と、いうことで、目次の紹介です。

序文
まえがき
1 なぜ誘惑がこうも多いのか
2 根本的条件
3 過去は捨て去って
4 神の視野で見る
5 十字架に生きる自由
6 聖霊の力
7 心の一新
8 感情に頼る生き方
9 意志を従わせる
10 キリストと信者のとりなし
11 サタンの活動を退ける
12 再び捕らわれたら
13 終章をあなたの手で

で、ブコビッチ編集長、読まれたのですか?


アーウィン・ラッツァー  予価:1,785円 184頁
限定復刊のお申し込みはこちらから

| 限定復刊2007 | 09:01 | comments(3) | - |
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ おねがい
本の感想やひとりごとなど、どんどんコメント書いてね!
だけど、誹謗・中傷などのコメントは削除しちゃいます。
リンクもぜひぜひ* バナーどうぞ。↓
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 一押しの本
 聖書ものがたり絵本 第1巻
聖書ものがたり絵本 第1巻
絵:小林 豊(日本画家)
書籍 225×240mm / 56頁 1680円(税込)
発行:フォレストブックス
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
  1/2PAGES  >>
このページの先頭へ